FP資格取得のために

2級FP技能検定の難易度

2級FP技能検定の難易度

2級FP技能検定の難易度 就職に役立つ資格の一つとして人気となっている資格ですが、インターネットでは他の資格と比べて簡単なんて記事がたくさんあります。でも本当に簡単といえるでしょうか。
・合格率は比較的高め
合格率は大体25~30%程度くらいとなっています。同じ国家資格で見ると行政書士は10%前後、司法書士は3%前後な事を考えると国家試験としては比較的高めと言えます。
・実際の難易度は?
とすると比較的簡単とも思えます。しかし行政書士や司法書士は受験資格に特に必要なものがありません。誰でも受けられるからこそ合格率が低くなっているのです。
これに対して2級試験は受験資格として一定以上の知識を有している者だけが受験できるのであって、その中でも25~30%程度しか受からないとなると合格率が高いものではないことが分かります。
また試験範囲も3級が概略的であるのに対して2級は一般的な知識が求められ、試験もより実践的な形式となっています。この点からもやはり難易度が低いとは言えないでしょう。講座等を受けてしっかりとした知識を身に着ける方が無難です。受験資格にもなってる日本FP協会が認定するAFP認定研修は講座として受講することもおすすめされているのでこちらを受けてそのまま受験するのも良いでしょう。
どのようなルートで挑むにせよ、ネット上で言われているほど簡単ではないので受験に当たってはしっかりと勉強して準備することが大事です。

FP2級試験に合格するための勉強方法とは

FP2級試験に合格するための勉強方法とは FP2級技能検定試験に合格したいと思うなら、基礎をしっかり理解した上で学習を進めていかなければなりません。勧められている勉強方法は、専門用語の暗記に力を注ぐのではなく、できるだけたくさんの問題を解いてみることによって知識の使い方を習得しておくことが必要です。
FP2級の試験は6割正解で合格となるため、信頼できる教材を使って学習し自信を持って当日の試験に臨むのが効果的な攻略方法と言えるでしょう。このように確かな教材を使った独学も効果的であるとは言え、通信講座を上手に活用するのも効率の良い勉強方法となります。と言っても、途中で挫折してしまっては何にもなりません。それで通信講座を成功させるためには、試験に合格するという目的をしっかりと持って学習すること、きちんとして計画を立てて時間の有効活用を意識すること、さらに楽しみながら学習することができます。分からない点があれば、解決を先延ばしにせずすぐ解決するよう努めるのが成功の鍵と言えます。